「武蔵小山」駅西口を出てすぐ、ロータリーに面した新たな医療のランドマーク計画です。

近年再開発が進む東急目黒線の急行停車駅「武蔵小山」。日本一のアーケードと称される商店街を有する生活利便性の高いベッドタウンであり、2029年までに約2,000戸の住居が建設予定と人口増加が見込まれ、益々賑わいが増すエリアです。

本計画は1階に商業店舗、2階に医療区画を予定し、ロータリーに面した新たなランドマークとして計画しています。

募集科目

全区画決定済み

立地

東京都品川区小山3丁目2-11

東急目黒線「武蔵小山駅」徒歩1分(2019年度乗降客数53,193人)

周辺人口

1km圏内:79,372人

間取り

地図