医療機器等リース・割賦

Medical Equipment Lease & Installment

初期投資を抑えて

ご希望の機器を導入しませんか。

日医リースでは、病医院に必要な医療機器や器具備品をリース・割賦にてご提供しています。
調達方法にお悩みなら、ぜひ日医リースにご相談ください。

リース・割賦の対象

  • MRI
  • 超音波診断装置
  • 手術機器各種
  • 電子カルテ
  • CT他各種X線装置
  • 電子内視鏡
  • 什器備品
  • 照明
  • 空調機器
  • 非常用電源装置
  • 院内家具
  • カーテン

リース

リースの特徴

  • Merit01

    設備導入時の多額の資金が不要

    一時に多額の購入資金は必要ありません。月々のリース料の負担で機械設備を無理なく導入できます。

  • Merit02

    事務管理の省力化

    固定資産税の計算・申告・納付・損害保険の契約・保険料の支払等は当社が行います。お客様が設備導入のための煩雑な事務を行うことはありません。

  • Merit03

    コスト把握が容易

    設備導入に伴うコストは月々のリース料だけですので、原価計算が簡単にでき、投資に対する原価意識が高まります。

  • Merit04

    物件の陳腐化に対応

    技術革新が激しく機械設備の陳腐化も早い時代です。経済的耐用年数に見合ったリース期間を設定すれば、常に最新鋭の機械設備が使用できます。

  • Merit05

    金利上昇リスクをヘッジ

    リース料は期間中変わらず、インフレヘッジ、金利上昇に対するヘッジの効果があります。

リースの仕組み

お客様は必要な物件を選ぶだけ。
面倒な手続き等は日医リースが一手に引き受けます。

お客様は、メーカー・販売店を通じ物件をお選びいただき、あとは日医リースにお任せください。日医リースが物件の注文から損害保険の締結・支払、固定資産税の申告・支払等の手続きを行います。

スキーム図

スキーム図
  • 1

    必要な物件を選び、物件が納入されたら必要に応じて保守・アフターサービスが受けられます。

  • 2

    リース契約を結び、リース料金をお支払いいただきます。

  • 3

    物件の発注をし、代金を支払います。

  • 4

    動産保険の締結と保険料の支払、固定資産税の申告・支払を日医リースが行います。

補償制度

日医リースでは、期間中の万一の事故に備えて、物件に対して「動産総合保険」を付保しております。
当社が保険手続や支払を行うため、お客様の事務負担は一切ございません。

補償される損害
(偶発、外来かつ急激の事故に生じた損害)
火災、落雷、破裂、爆発、風災、雹災、雪災、盗難、煙害、給排水管の事故による水漏れ、その他の不足かつ突発的な事故による破損 等
保険金が支払われない主な損害
  • 地震もしくは噴火、またはこれらによる損害
  • 自然消耗、さび、かび、変色、虫食い等による損害
  • 故意、重過失による損害
  • 修理、清掃等の作業場の事故による損害
  • 加工着手後に生じた損害
  • 電気的、機械的事故(故障事故)による損害 等

※詳しくは当社担当者までご相談ください。

割賦

割賦の特徴

  • Merit01

    設備導入時の多額の資金が不要

    お客様は一時に多額の資金負担をすることなく、分割支払によって設備を導入することが可能です。

  • Merit02

    完済後はお客様に所有権が移転

    物件の所有権は割賦契約の期間中は当社に留保され、分割払金の支払いが完了した時点でお客さまに移転します。

割賦の仕組み

初期投資を抑えて、
ご希望の物件を導入することが可能です。

スキーム図

スキーム図
  • 1

    必要な物件を選び、物件が納入されたあとは、必要に応じて保守・アフターサービスが受けられます。

  • 2

    割賦契約を結び、分割払金をお支払いいただきます。

  • 3

    物件の売買契約を行い、代金を支払います。

医療と福祉のトータル
サービスカンパニー
日医リースは三菱UFJリースグループの医療と福祉分野の専門リース会社です。

Share

ツイート
ツイート
開業無料相談